お役立ち箱(1)「販促課題解決のためのチェックリスト」

お客さまが企画するときのチェックリストをつくってみました。
ご利用いただければ嬉しいです。

1. 社内用(5項目)

  • 企画の本当の狙い(本質)を押さえ企画し施策・ツールを考えているか
  • 販促案は費用ではなく投資として企画されているか、つまり、販促投資は資産として継続することによって効果を生みだすように設定されているか、その場限りではないか
  • 実売に直結する販促だけではなく、広告よりも安く第3者の信頼性が高い「認知アップ」策も考えているか
  • 自らマーケティングや販促の勉強はしているか
  • 現在の協力会社は積極的提案(時に提言)を行うブレーンであるか

2. 販売店向け(9項目)

  • 長期的な視点でも施策対策を立案しているか
  • 机上論ではなく(自社目線ではなく)現場(販売店やお客さまにとっての立場)を考えての企画運営をしているか
  • 他社、他業界の動向や企画成功情報を集め、次回施策やツールに生かしているか
  • 企画の実施のタイミングは適切か
  • 販売店の先行・成功販促事例や購入者の声を集め、施策やツールに生かしているか
  • 毎年、施策・ツールに対する評価を聞き、対策を次年度に打っているか
  • また自分でも実際に社内営業担当に同行し、検証し、次への改善に結び付けられているか
  • 施策資材は期の始める1ヶ月前に現場(営業所などに)届いているか
  • 施策やツールは単発ではなく、実施後の検証(何が良くて、何が課題か)をつかみながら、年間での目標に近づける努力をしているか、施策やツールは、常にチャレンジングな仮説を立てて実施しているか

3. 流通・代理店向け(5項目)

  • 流通(代理店)とのギブ&テイクの役割分担は明記され実施されているか
  • 年間共働計画は実行されているか
  • 流通(代理店)のニーズは半期ごとに整理、把握され対策を打っているか
  • 競合他社との優位を保つ支援は行われているか
  • 代理店傘下の販売店への支援は具体的に実施しているか、また検証され、対策を打っているか

いかがでしたでしょうか?
以上は私たちが企画するときに思うチェックリストでもあります。
合計19項目のうち10以下は「Bad」、15以下は「Good」、それ以上は「Better」ですか?

ページの先頭に戻る